炭水化物のとり過ぎに注意

炭水化物はまず体内でブトウ糖に分解されます。
血液中のブドウ糖が血糖といわれるものです。

食事をして血糖が上昇すると、すい臓皮インスリンというホルモンが分泌されます。
ブドウ糖を肝臓や筋肉に取り込みエネルギーとして使うにはインスリンが必要です。
インスリンが正しく働かなければ脂肪を蓄積してしまいます。
血糖値が急激に上昇するとインスリンの分泌が増加します。
逆に、血糖値がゆっくり上昇するとインスリンの分泌も緩やかになります。

血糖値をゆっくりとあげる食品を選ぶのも炭水化物を上手にとる方法の1つです。
血糖値をゆっくりとあげる食品を選ぶときに有効なのが、GI値です。
GI値が低いほど血糖値が上がりにくいことを意味しています。

白米や食パンより、玄米やライ麦パンというように精製度の低い食品がGI値は低いです。
他には、じゃがいもよりさつまいも、うどんよりそばなどです。

GI値(グリセミック・インデックス)・・・ブドウ糖が体内に吸収される速さを示す指標


メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪

内蔵脂肪とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームは死の四重奏

メタボリックシンドローム予防は体重コントロール

食事とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームに勝つ正しい食べ方

メタボリックシンドロームに勝つ生活習慣

メタボリックシンドロームQ&A

メタボリックシンドローム特定検診

相互リンク

Copyright © 2007 メタボリックシンドローム・内臓脂肪撃退法. All rights reserved