メタボリックシンドロームは悪玉物質を増やす

内臓脂肪は、エネルギー源になったり、エネルギーの貯蔵のために働いたりするだけではありません。
血糖、血圧、血管といった体に機能や器官を正常に保つために欠かせない、重要な物質を分泌しています。
その物質は、アディポサイトカインと呼ばれる物質です。
通常、アディポサイトカインは動脈硬化を抑える、インスリンの働きを助ける善玉の役目をします。
しかし、内臓脂肪の蓄積によって過剰に分泌されるようになると、動脈硬化、糖尿病、高脂血症、高血圧などを助長する悪玉として働くようになります。

内臓脂肪の蓄積でPAI−1やTNF−αといった物質は悪玉になります。
PAI−1が増加すると、血管内に血栓ができやすくなり、TNF−αはインスリンの働きを悪くしたり、動脈硬化を助長させます。

アンジオテンシノーゲンといった物質の分泌も増加すると高血圧を引き起こします。
さらに、血液中では遊離脂肪酸が増え、インスリンの働きを阻害して血糖値を上げたり、高脂血症などを引き起こします。

アディポサイトカイン・・・脂肪細胞から分泌される生理活性物質の総称


メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪

内蔵脂肪とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームは死の四重奏

メタボリックシンドローム予防は体重コントロール

食事とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームに勝つ正しい食べ方

メタボリックシンドロームに勝つ生活習慣

メタボリックシンドロームQ&A

メタボリックシンドローム特定検診

相互リンク

Copyright © 2007 メタボリックシンドローム・内臓脂肪撃退法. All rights reserved