現代人は太りやすい!

近年の研究で、現代人の多くは、遺伝子レベルで太りやすい体質であることがわかっています。
少しの食事で必要なエネルギーを蓄え、活動するときはより少ないエネルギーで済む体ということです。

食べ過ぎや運動不足などで、消費エネルギーより摂取エネルギーが多ければ、余分な脂肪は脂肪細胞に蓄積し、着実に太ってしまいます。
この状態が続けば内臓脂肪の増加にもなります。

自分ではそんなに食べていないと思っていても過剰にエネルギーを摂っていることもあります。
日常生活で活動量が減っている現代では、食べ過ぎに注意することがメタボリックシンドロームの予防と改善策です。


メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪

内蔵脂肪とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームは死の四重奏

メタボリックシンドローム予防は体重コントロール

食事とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームに勝つ正しい食べ方

メタボリックシンドロームに勝つ生活習慣

メタボリックシンドロームQ&A

メタボリックシンドローム特定検診

相互リンク

Copyright © 2007 メタボリックシンドローム・内臓脂肪撃退法. All rights reserved