動脈硬化のリスクを減らす

メタボリックシンドロームは動脈硬化につながるのが怖いです。
動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞などの死にかかわる病気を引き起こす大きな原因です。
その危険因子は、肥満、高血糖、高血圧、高脂血症です。
これらが重なった状態を「死の四重奏」と呼ばれています。

メタボリックシンドロームは腹部肥満があり、高血糖、高血圧、高脂血症のうち2つ以上が重なった状態です。
個々の症状はひどくなくても、複数重なると動脈硬化のリスクは高くなります。
危険因子3個以上重なると動脈硬化の発症リスクは約36倍になります。

メタボリックシンドロームの診断基準が設けられたのは、命にかかわる病気のリスクを減らすことが目的です。


メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪

内蔵脂肪とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームは死の四重奏

メタボリックシンドローム予防は体重コントロール

食事とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームに勝つ正しい食べ方

メタボリックシンドロームに勝つ生活習慣

メタボリックシンドロームQ&A

メタボリックシンドローム特定検診

相互リンク

Copyright © 2007 メタボリックシンドローム・内臓脂肪撃退法. All rights reserved