洋なし型体型の人は健康障害の危険

皮下脂肪は太腿やお尻に多くたまり、上半身より下半身が太くなる体型が洋なしに似ているので、洋なし型肥満と呼ばれます。
洋なし型肥満は、女性に多くみられます。

お腹の脂肪を皮膚ごとたっぷりつまめる人は、皮下脂肪が多いと考えられ、わき腹や腰のあたりの皮膚をつまみ、つまめる脂肪が皮下脂肪です。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積ですが、皮下脂肪の多い洋なし型肥満だからといって放置していいということではありません。
皮下脂肪が多くたまっている洋なし型肥満の人も健康障害を引き起こすことには変わりません。
骨や関節の病気、睡眠中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群が多いことがわかっています。


メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪

内蔵脂肪とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームは死の四重奏

メタボリックシンドローム予防は体重コントロール

食事とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームに勝つ正しい食べ方

メタボリックシンドロームに勝つ生活習慣

メタボリックシンドロームQ&A

メタボリックシンドローム特定検診

相互リンク

Copyright © 2007 メタボリックシンドローム・内臓脂肪撃退法. All rights reserved