内臓脂肪は減らしやすい脂肪

メタボリックシンドロームを関係がある内臓脂肪は、皮下脂肪に比べ活発で迅速なエネルギー貯蔵とエネルギー供給を行っています。

空腹などでエネルギーを必要とするといち早く内臓脂肪のエネルギーが使われます。
逆に、体内でエネルギーが余ったときは、内臓脂肪に一時的蓄えられます。
内臓脂肪は、たまりやすく減りやすいのが特徴です。
つまり、ダイエットや運動によって落ちやすいのが内臓脂肪です。

皮下脂肪の働きは、エネルギーの貯蔵、体からの熱の発散を防ぎ体温を保つ、外からの衝撃に対してクッション的な役目をして内臓を守ることです。
男性ホルモンが内臓脂肪を蓄積させる働きをもつのが1つの要因のため、内臓脂肪は男性に蓄積しやすい脂肪です。
女性ホルモンの働きで蓄えられるので皮下脂肪は女性につきやすい脂肪とされます。


メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪

内蔵脂肪とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームは死の四重奏

メタボリックシンドローム予防は体重コントロール

食事とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームに勝つ正しい食べ方

メタボリックシンドロームに勝つ生活習慣

メタボリックシンドロームQ&A

メタボリックシンドローム特定検診

相互リンク

Copyright © 2007 メタボリックシンドローム・内臓脂肪撃退法. All rights reserved