合間運動の実践

内臓脂肪の蓄積を防ぐには、1週間の23エクササイズのうち4エクササイズの運動を、すでに蓄積された内臓脂肪を減らすためには、1週間の23エクササイズのうち、10エクササイズ程度かそれ以上の運動をすると効果があります。
メタボリックシンドローム予備軍の人は、1週間の23エクササイズのうち、10エクササイズ以上を運動で行ってほしいです。

例えば、軽いジョギング30分(3エクササイズに相当します)を週2回行なえば、6エクササイズ行ったことになります。あと4エクササイズは、速歩き10分(0.7エクササイズに相当します)を5〜6回行えばいいのです。

<1エクササイズに相当する運動例>
ボウリング、フリスビー、バレーボール、ウェイトトレーニング(軽・中度)・・・20分
体操(ラジオ体操など)、卓球、バドミントン、アクアビクス、太極拳・・・15分
ウェイトトレーニング(高強度)、ジャズダンス、エアロビクス、バスケットボール、サッカー、スキー・・・10分
ランニング、水泳、柔道、空手・・・7〜8分


メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪

内蔵脂肪とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームは死の四重奏

メタボリックシンドローム予防は体重コントロール

食事とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームに勝つ正しい食べ方

メタボリックシンドロームに勝つ生活習慣

メタボリックシンドロームQ&A

メタボリックシンドローム特定検診

相互リンク

Copyright © 2007 メタボリックシンドローム・内臓脂肪撃退法. All rights reserved