1日3食は基本

肥満を予防するために摂取エネルギーを減らせばいいと、ただ食事を抜くということは間違いです。
食事を抜くと空腹が続き、体は飢餓状態になります。
この飢餓状態で食事をするとドカ食いになる危険性があります。
体は栄養をため込もうと一生懸命働きます。
摂取したカロリーは体脂肪として蓄積されやすいのです。

就寝中もエネルギーは消費されます。
1日の始まりの朝は、体は一種の飢餓状態です。
頭をすっきりさせるために、しっかりとエネルギーをとることが必要です。
朝食を抜くと昼食で食べ過ぎてしまうことにもなります。
朝食をとることで代謝もあがり、消費エネルギーのアップにもなります。
食事は規則正しく1日3食は基本でとりましょう。


メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪

内蔵脂肪とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームは死の四重奏

メタボリックシンドローム予防は体重コントロール

食事とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームに勝つ正しい食べ方

メタボリックシンドロームに勝つ生活習慣

メタボリックシンドロームQ&A

メタボリックシンドローム特定検診

相互リンク

Copyright © 2007 メタボリックシンドローム・内臓脂肪撃退法. All rights reserved