動物性脂肪の取りすぎに注意

単身赴任者の食生活は、外食、お酒の飲み過ぎ、栄養が偏った食事、食事の時間が不規則、ファーストフードのとり過ぎなど、好きなものが自由に食べられ、嫌いなものは食べないという問題があります。
単身赴任者は、外食が多くなってしまうのは仕方がないことですが、外食は味つけが濃いのでご飯の食べ過ぎにもつながります。
また、ファーストフードは高カロリーなので食べ過ぎると肥満体質をつくることになります。
外食やできあいでは、意識しないと野菜不足になります。

バランスよく栄養をとる1つの方法には、晩酌のおつまみや簡単なおかずぐらいは自分で作るようにすることです。
自分で作れるようになると、食生活の幅かかなり広がります。
おつまみを低カロリー料理にかえるだけでも、栄養バランスは改善できます。
昼食や夕食はなるべく和食中心にして、肉より魚を意識してとり、動物性脂肪の取り過ぎに注意することも必要です。


メタボリックシンドロームの元凶は内臓脂肪

内蔵脂肪とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームは死の四重奏

メタボリックシンドローム予防は体重コントロール

食事とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックシンドロームに勝つ正しい食べ方

メタボリックシンドロームに勝つ生活習慣

メタボリックシンドロームQ&A

メタボリックシンドローム特定検診

相互リンク

Copyright © 2007 メタボリックシンドローム・内臓脂肪撃退法. All rights reserved